我が家の梅干し料理について

梅干しは健康にも良く、日本人の我々にとっては欠かせない食べ物だと思います。

我が家でもスーパーで買ってきた梅干しをお弁当に入れたり、ペースト状にしてご飯に乗せたりと様々な食べ方で楽しんでいます。

今回はその中でも特におすすめな食べ方についてご紹介させていただきます。

まず食べ方の前に、保管方法についてです。

皆さんはどのようにして梅干しを保管されますか?

パックに入っている物や、袋詰めの物など商品にも様々あるかと思います。

我が家ではいつも袋に入っている、梅しそを購入します。

袋のままですと、開封後鮮度が落ちてしまいますよね。

なのでいつも開封後はすぐにタッパーに詰め込むようにしています。

その際に、賞味期限が分からなくなると嫌なので、袋に記載されている賞味期限の部分だけをハサミで切り取って、タッパーに貼付けるようにしています。

可愛いマスキングテープなどで貼付けると、見栄えも良くなりますね。

そしていよいよ食べ方についてですが、我が家で最も多く利用しているのが、納豆と梅干しのコラボです。

和×和といったところでしょうか。具体的に作り方を説明していきます。

まず、梅干しを適量(約2~3粒)の種を取り、まな板の上に乗せます。

そして、包丁を使って、とにかく細かくなるまで叩いていきます。

デロデロになるまで叩くのがポイントです。

同じように納豆も袋から取り出して、まな板に乗せ、包丁で叩いていきます。

最後に二つを混ぜ合わせて完成です!!

お好みで卵を入れてもおいしいです。

これを熱々のご飯に乗せるだけでも良いですが、我が家ではいつもうどんに入れています。

納豆のネバネバ感がうどんの出汁と混ざり合って、最後に梅干しの酸味が口いっぱいに広がり、疲れも吹き飛ぶスタミナうどんになります。

もう一つ紹介させていただきます。

これは我が家でも賛否両論ありますので、お試しされる場合は自己責任でお願いします。

ずばり梅干しサイダーです!!

梅干しの種を取り、サイダーに入れるだけ!!

超お手軽に健康ドリンクの出来上がりです。

飲みながらマドラーなどで潰していけば、梅干しの風味を調整することが出来ます。

居酒屋さんとかに行けば、梅干しサワーとか最近増えてきましたが、お酒だど甘くならないように作られている場合が多いです。

しかし、この梅干しサイダーは元のサイダーが甘いので、甘味の中に酸味をプラスするイメージなのです。

私は甘い方が疲れが取れる気がするので、好んで飲んでいます。

いかがでしたでしょうか。

探せばまだまだ沢山の食べ方が見つかりそうな梅干し。

是非ご家庭で研究してみてください!!

あと、梅干しはたくさん食べられない、というか塩分も気になりますから、そんな時私はこのサプリをとっています。

こちら⇒梅翁園はちみつ梅エキスの口コミレビュー

梅干しのいいところだけをとれるのすごく気に入ってるんです。

やっぱり日本人が昔から愛用してるものだから信頼できるし、合ってると思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です