カテゴリー: 未分類

二股された、許せるにも程度問題がある

今日は久々に会ったら、かなり落ち込んでた幼馴染が2度も浮気されたという、かわいそうな話。私が彼の立場だったら…どうしただろう。

私が21歳の時に同い年の女の子と縁があり付き合うことになりました。会社も別で「何がきっかけで出会ったの?」と言われるほど接点のない二人でした。

出会ったきっかけと言えばたまたま就職前のバイト先が一緒でそこから食事言ったりと自然流れで付き合う事となりました。

付き合い始めてから1年が経ってから、なんだか私に対して接する態度がよそよそしくなっていき、勘ですがなにかありそうな気がしていました。

そこで本人に確かめようと「なんか俺の知らないところで変なことしてるの?」と聞くと「なんもない。」と言っていましたがかなり焦った様子で普通ではありませんでした。

疑惑を持ちながらも心のどこかで彼女を信じていました。それから数日後のことでした、突然彼女から泣きながら電話が来ました。「ごめんなさい。浮気していました」と。

すぐに会って話を聞き、彼女の謝罪を受け入れました。浮気した理由としては私が出張で忙しくなかなかかまってくれなかったからだった。

自分にも非があると反省しながら彼女ともう一度やり直すことを決めました。それから彼女とは喧嘩もすることなく、週末にはデートに行き、平日は電話したり泊りに行ったり二人で過ごす時間が多くなりました。

一年が過ぎてお互いに仕事も安定してきたのでそろそろ同棲をしようかと考えるようになりました。

とりあえず、自分達の勤務地である宇都宮駅周辺を中心に互いに休日に不動産屋さんを巡って歩き、どんな物件が良いか等を探していくようにもなり荷物の整理も始めました。

ある時、平日の夜に終電を私が逃してしまい困っていたので彼女の家へ行き泊まることとなりました。次の日は休日だったこともあり彼女と突然でしたが、デートに行こうという話になり準備を始めていました。

そして次の日になり朝にデートの準備をしていると突然「ピンポーン」とチャイムが鳴りました。

彼女はまだ寝ていたこともあり私が玄関のカギを開けてドアを開けようとすると勢いよくドアが開き男の人が登場。

「あんた誰っすか?」と言われ「あなたこそ誰?」と質問すると「俺っすか、○○の彼氏っす。付き合って半年になりますよ」と・・・私は激怒し、自称彼氏を玄関から追い出し彼女を起こし話を聞くとやはり以前の浮気した際から付き合っていた男性だった。

泣きながら謝る彼女でしたが、さすがに今回は私が我慢することが出来なくなり、3時間以上の話し合いの末に別れることにしました。

また許そうという自分の気持ちもありましたが、きっと繰り返されると思い今回は我慢するしかないと言い聞かせ悲しい別れをしたのです。

あの体験がもし、結婚後だったらと思うとぞっとします。今ならもっと経済力もあるので、絶対に探偵を雇ってでも疑惑を確信に変えたかなと思うけれど。(探偵事務所って見たことないけど、結構あるんですね。⇒https://xn--29s8cy8fytqj8e17bbw1glpk.com/

まあ、私の浮気された体験から言えるのは、一度あることは二度あるし、二度あることは間違いなく三度あるだろうということ。性格というか性分は治らないですよね。

転勤族の引越し

本日は、転勤族(大学の先輩)の引越し事情についてのお話。私も何度も引越ししているんで興味深く聞かせて頂きました。

私の旦那さんは、転勤がある会社に勤めています。定期的に行われる転勤ではないので、予想をしていなかった年にいきなり辞令が降ってしまい、引越し期間も1ヶ月とそう長くないので毎回バタバタしてしまいます。

そのため、毎回の引越しでバタバタしないよう私が気をつけていることをまとめていきます。

まず、荷物を増えすぎないよう気をつけることです。特に、引越し先で広い物件に住んだ時など収納が増えるのでついものを増やしがちになります。

そうならないように、一定の荷物にいつも抑えるように心がけます。特にうちには子供が二人いるので子供服が増えてしまいます。

また、子供服は可愛いし、すぐ汚すのでつい買いすぎてしまいます。そうならないように、子供服の収納に入る分だけ購入し、サイズアウトしたらすぐ売りにいくようにして服の数をいつも一定にするようにします。

また、私の服を買うときも、一つ買ったら一つ捨てるというルールを決めて、収納を増やさないように気をつけます。

そして、収納用品も気をつけます。私のウチは基本的に無印良品のプラスチック製の収納に収めています。

なぜかというと、無印良品は、全国どこに行ってもあるので、買い換えたり、増やしたりすることも後から出来るからです。サイズも規定サイズなので、どこに引っ越しても収納できるのでとても助かります。

また、引越しの時はプラスチック製なので軽いため、扉が開かないようにテープで留めておけば、服を出して荷造りする必要がないので便利。さらに収納用品に服を入れたまま引っ越しても服をしっかり入れておけば荷崩れすることが
ないので、テープを外すだけですぐに使うことができます。

そのため、服の荷造りはクローゼットのハンガーにかかっているものだけダンボールに詰めるだけになるので大幅に短縮できます。

それと、引越し当日は、まだ子供が小さいので、さらに時間がかかります。そのため、子供達には、引越し当日までよく約束事を言い聞かせるようにします。当日は、移動や、いろんな人が出入りしたりして興奮しやすいからです。

引越しの日は、荷物を運んだりするので、ぶつかると怪我をしたりして大変だから大人しくすること、自分の気に入ったおもちゃで、部屋の一角にしばらくスペースをとって遊んでいることを約束させて、移動するときはおもちゃを段ボールに片付ける約束をして、スムーズに進めるようにしています。

ちなみに、前回の引越しは、異動が理由ではなく、賃貸アパートを大家さんの都合で壊す、という理由で立ち退きの為の引越しでした。

同じ川崎市内で急いで引っ越すという、理不尽なものでしたが、近場に強い近隣の中小業者がすごく親切で、助かったのが救いでしたが。
(参考になったそう⇒https://川崎市内引越し.xyz

ただ、引越しが多いという残念な仕事であっても、常に荷物を整理整頓できているのはかなりのメリットだと思っています。断捨離がブームですが、我が家でははじめから断捨離ライフですので。

30代突然の視力低下。思い当たる原因とメガネを選択した理由

最近目が悪くなったかも。昨日飲み屋で先輩に30代になって突然視力が低下した話を聞かされ他人事ではないと感じました。以下は先輩談。

昔から、体力は人並み以下だし、歯も爪ももろいし、見た目も普通だし。人よりいいことと言えば、視力くらいでした。

1.5は軽くあったから、みんなが見えない文字も読めてたし、密かに自慢でした。

なーのーに!27歳でスマホを購入し、30歳で仕事で顕微鏡を使うような生活になり、最近ちょっとぼやけるかも?と思っていたところ…。

免許証の更新の時の検査で、まさかの見えない事件が発生!どうにかこうにか更新できましたが、「これ以上見えなかったら次はメガネですね」って言われてしまいました…。

とうとうそんな日が!ものすごくショックでした。その時の仕事柄、メガネになる人は多いみたいなんですが、まさか私がなるなんて!

でも、たしかに夜道運転がしにくかったし、思い当たる節はけっこうあって。仕事でプレゼン発表会なんかのときもプロジェクターの文字が読めなくて。

そして日々のスマホチェック…私はタバコを吸わないため、仕事の休憩中や手持ち無沙汰なときは、ついいじってしまうんですよね。でもやめられなくて。

色々考えた挙句、メガネを購入することにしました。渋々つくったところ、視界の違いにビックリ!ここまで差がわかるくらい見えなくなってた自分にもビックリ(笑)

購入したところ、まず夜道の視界がスッキリ!雨なんて降るとはひどい視界でしたが、クッキリ見えるおかげで安心して走ることが出来るように!仕事中もプロジェクターが良く見える!

まぁでも…最初は感動してよくかけていたんですが…人間習慣というものがあるんで(笑)かけるのを忘れて出かけてしまうんですよね…(笑)

かけないで生活してても、見えにくいだけで不便に感じるほどではなかったのです。

今ではほとんどかけてなくて、「どこにあったっけ?車か!」程度。車内の熱でフレーム曲がってないか心配なほど(でも車乗るとまだ忘れる程度です)。

コンタクトも考えたんですけどね…付けたまんま寝ちゃいそうだし、第一目に直接なにか付けるなんて、考えただけで怖いです!できる人尊敬します。この意見は友達も賛同してました(笑)

あと、最近は目のかすみにいいというサプリも飲み始めました。

こういうサプリはすぐにどうのこうのではなく、ある程度の期間続けてみて判断しなくてはと思っていますが。⇒(https://xn--u8j2azd8cxn4gze0743d.xyz/

メガネがある!というだけで安心感はありますがね。子供と遠出して帰りが遅い時なんかは、眠さもあって帰りはさらに視界がぼやけますから、そんなときはあるだけで安心。さらにかければ怖いもの無し!みたくなります(笑)

ブルーライトカットをつけたから、本当はスマホの操作中もかけないとなんですよね。うーん。メガネは明日から!ですね。

自力引っ越しにチャレンジしました!

今回は私も何度も考えたことがある自力での引越しについて。弟の後輩が自力で引越しにチェレンジした話を紹介します。

僕は今、大学生で実家から通っていたのですが、通学時間を短縮したいと思い、同じ広島市内なんですが、大学の近くに引っ越しをしました。

しかし、引っ越しの専門業者に頼むと、最低でも4万円くらいかかります。なので、自分で引っ越しをすることにしました。

まず最初に荷造りをしました。しかし、あまり重いものや大きいものを運ぼうとすると車に入り切りません。

なので、なるべく荷物を少なめにしました。例えばベッドは折り畳み式の運びやすいものにしたり、本棚も木でできた大きなものは実家にそのまま置いておきました。

なので大きなものは冷蔵庫と机とベッドだけで、あとは引っ越してからリサイクルショップで購入しました。

重いものもそれくらいで、あとは本が入った段ボールくらいでした。

自分で引っ越しをするので、レンタカーさえ借りることができれば、引っ越し業者の日程が合わないなどといった心配もありません。

しかし、重要なことが一つあります。それは手伝ってくれる人を探すことです。ベッドや冷蔵庫など、重いものや大きいものは一人では運べません。

今回は、両親は平日は働いているので、友達に頼むことにしました。一回ご飯を奢ることを条件に快く引っ越しの手伝いを引き受けてくれました。

そして、いざ当日、晴天に恵まれ、絶好の引っ越し日和となりました。最初に友達を迎えに行き、僕の実家まで向かいました。この時はドライブみたいな感じで楽しかったのを記憶しています。

そして家につき、荷物を運んでいたのですが、意外と荷物が重くて大変でした。作業自体は一時間程度で完了したのですが、慣れてないせいもあって思った以上に疲れました。

あと借りてきた車はハイエースだったのですが、コンパクトにまとめたつもりでも、入りきらない荷物も出てきてしまい、持っていくの
を諦めたものもありました。

そして荷物を全て詰め込み、引っ越し先まで車で向かい、荷物を配置して引っ越しは終了しました。

この時に気をつけたいことは、やはり丁寧に運ばないと、壁や床に荷物をぶつけて傷つけてしまいます。なので慎重に運ぶということです。

さらに重い荷物を運ぶときに、腰などを傷めないようにすることです。

それ以外は特に問題はなく、引っ越しの業者に頼んだ時と同じくらいの時間で完了しましたし、料金もレンタカー代のみしかかからなかったので一万円弱で収まりました。

とはいえ友達にも結構気を使ったし、後から知ったんですが、荷物が少なければ市内引越しなら1万円台でもできるらしく、見積もりくらいとっても良かったかなとは思っています。(参考サイト⇒https://xn--68jv21hb1hw4ansp1av29u.xyz/

自分で引っ越すと聞いて、ハードルが高いように思われますが、思ったよりも大変ではないので、節約したい方で体力と時間のある方は自分で引っ越しにチャレンジしてみるのも悪くないと思います。

運動で乾燥肌を改善していきたい

私がスキンケアで最も気をつけていることは、季節に関わらず、保湿対策をしっかりと行うことです。

夏は汗をかきやすいので、以前は保湿対策をあまり行いませんでした。

入浴後は暑いので、タオルで拭いても、再び汗が噴き出てしまいます。そのため、保湿をしてもあまり効果がないと思い、スキンケアを何もしないでいたことがありました。

しかし、洗いっぱなしにしてしまうと、肌の表面が荒れて皮が剥けてしまいまい、そこに、汗が沁み込んで肌が汗で滲みるようになりました。

なので、今では夏はサッパリするタイプのスキンケア用品で、保湿を行うようにしています。

日本の夏は高温多湿なので、肌が乾燥しにくいような気がします。

以前、ヨーロッパへ旅行に行った時に、乾燥がひどくて肌が割れてしまったことがありました。

当時の私は保湿ケアにベビーオイルを使っていましたが、それでも肌が割れてしまい、痛くなって対策に困ってしまった経験があります。

日本よりも東南アジアの方が、1年中、高温多湿の環境なので、もしかしたら私はその方が肌にとっては良いのかもしれません。

しかし、肌の乾燥は生活習慣によっても変えていくことができることを知り、少しでも保湿クリームだけに頼らなくて済むようにしていきたいと思っています。

そのためにも、ますは毎日適度な運動を行い、体の新陳代謝を上げて行きたいです。体中の血行が良くなると、肌が乾燥しにくくなり、肌の潤いを保ちやすくなると思います。

年齢を重ねるとともに、肌はどうしても乾燥しやすくなります。しかし、運動習慣で乾燥肌を改善できるかもしれません。

最近、筋肉量を増やすことで、美肌効果も高まるという話を聞きましたが、確かに筋肉が多い人の肌は潤っていますし、ハリもあり、乾燥とは無関係な感じもします。

筋肉量が増えて健康になったという話も良く効くので、やはり運動を行い、筋肉量を増やしていくことは効果があるのだと思います。

私は学生時代、運動部だったのと、年齢が若かったこともあり、乾燥肌で悩んだことはほとんどなかったような気がします。

さらにスキンケアにもそれほど気を使っていませんでしたが、日焼け以外では特に肌トラブルになることもありませんでした。

社会人になり、デスクワークの仕事になって運動不足になってから、乾燥肌の症状がひどくなったように思います。

やはり、運動量と乾燥肌は私が思っている以上に、大きな関係があるのかもしれません。

これからは美肌作りのためにも、積極的に運動を行っていこうと思っています。

あとスキンケアとは言えないけれど、周りの人に内緒で愛用してるのがまつげサプリ。すっぴんも可愛くなれるから。もちろん数多くの体験談を読んで決めました。⇒まつげを伸ばすサプリですっぴんに自信(体験談)

つけましてる?って間違われることがある程、しっかり伸びてくれてふさふさ。「自まつげなの」って答える喜びを味わいつつ、これからもスキンケアはしっかりやってこうって思ってます。

化粧初心者の私がたどり着いた答えとは

大学生になって、はじめてのチャレンジはメイクだった。

全く化粧に興味のなかった私は、化粧品の知識は皆無だったから、ネットで調べたり、色々な化粧品を試したりした。

大学1年生のときは、化粧初心者ということで、わりかし安い化粧品をつかっていたのだが、友達の化粧品を見せてもらうと、お高めの化粧品を使っている人が多かった。

だから、私もお高めの化粧品を使った時期があったが、高い化粧品を使っても何がいいのか全く分からなかった。

そして、大学3年生になった私はある答えにたどり着いた。それは、「高い化粧品がイイわけではない。」である。

私の今のマスト化粧品は「セザンヌ化粧品」である。

セザンヌ化粧品は低価格であるが、高品質であると私は思う。その証拠に、セザンヌは@cosmeベストコスメアワード2017で三冠を受賞している。

私が愛用しているのは、「皮脂テカリ防止下地ピンクベージュ」と「UVファンデーション EXプラス」。

二つとも1000円以下というお手頃な価格にもかかわらず、とても使いやすく、肌に馴染む。これからもセザンヌ化粧品にはお世話になる予定だ。

「高いからといって、イイ化粧品とは限らない!」私はこれを主張したい。

また、大学生になって化粧を始めたことでもう一つ気づいたことがある。

それは、「肌のお手入れは大切である。」ということだ。高校生の頃の私は、化粧水などに全く興味がなく、母のものを適当につけているだけだった。

それに、日焼け止めも塗らなかった。むしろ、焼けた方がカッコいいと考えていて、焼けたい!!と思っていた。

しかし、化粧を始めて、肌のお手入れは大切だと感じた。肌が汚いと、化粧をしても意味がない。だから、化粧水や乳液、洗顔クリーム!なども化粧品同様たくさん試した。

そしてたどり着いた私のスキンケアを紹介したい。

まず、洗顔は「ニベア クリームケア洗顔料」だ。この洗顔料は、洗い流しがさっぱりしているのに、洗顔後に肌のつっぱりを感じない。私はこれを愛用していている。

プラスアルファ、洗顔をするときの注意点は、強くゴシゴシしないことだ。

泡だけを肌に滑らせるように優しく洗顔する。あと、鼻周りの油がたまりやすいところは念入りに洗顔する。

ただ、最近はニベアでは乾燥し過ぎるようになってきて、多分20歳をこえたのが原因かも。

そこで、ちょっとお高めだけど、クレンジングだけはファンケルを愛用するようになった。⇒ファンケルのマイルドクレンジングオイル体験談

そして、洗顔後の化粧水。私は、「ハトムギ化粧水」を愛用している。話題のハトムギ化粧水。

こちらは、500ml入っていて650円という、なんともお財布に優しい化粧水だ。大容量だからこそ、化粧水の減りを気にせず、顔はもちろん全身にもバシャバシャ使える。

私のこだわりは、顔には二回化粧水を浸透させることだ。そうすることで、二倍の潤いを得ることができる。

そしてさいごに、「ニベアクリーム 青缶」を薄く顔に塗る。つけすぎるとベタベタになってしまうので、薄くつけるのがポイント。

私のスキンケアはこれで終了。ハトムギ化粧水とニベアクリーム青缶だけのシンプルなスキンケアだが、毎日の肌の調子は抜群にイイ。

友達にも、「肌めっちゃ綺麗」とよく言われる。肌をケアしたおかげで、化粧はナチュラルメイクである。

だから、毎朝化粧にかける時間が短くなった。スキンケアは、時短テクニックであるとも思う。

「高いものがいいものじゃない。安くても、自分に適したものがある。」これを忘れずに、自分に適したものを探してみてはいかがでしょうか。

収納用品は増やさないのがコツ

引っ越し予定を控え、徐々に荷物をまとめてるんですが、この期に及んで気付くこと、それは荷物は常日頃整理して減らしておくことが重要。

同居してる義父の荷物量には驚くばかり。きちんと整理されているとはいえその量たるや大変なもの。

振り返ってみると、義父はまとまった休みがあると、結構部屋の片づけをやってたけど、ホームセンターに行って、収納する為の引き出しとか棚とかハンガー、そういうのを買うのが趣味だったな。

そこに衣類や雑貨なんかを入れて満足ってタイプ。

ところが繰り返してるうちに、荷物を入れる収納スペースが部屋の大部分を占めるようになり、整理してるといっても、荷物量が多すぎて、どこに何があるのか不明な状態に・・・。

「お義父さん、引っ越しは荷物量が多いと料金が高くなるから、なるべく要らないものはこの際処分していきましょうよ」と提案すると、一応納得して、自分なりの整理を始めたみたい。

でも、高齢者あるあるの「もったいない」「まだ着れる」「誰かにやる」といった今すぐここで捨てるってことができないもんだから・・・遅々として作業が進まず。

しかも引っ越し先は広めのマンションとはいえ、義父のスペースは一部屋で今の荷物は半分も入らないと思う。

それは本人も重々わかってるみたいだけど。

こう考えると、結局、収納グッズとか収納スペースっていうのは、簡単に買ってはいけないのね。

まずは今あるスペースに入るだけの荷物量にするというのが正しいやり方だと思うのよ。

ハンガーを揃えるのも結構だけど、まずは衣類を減らして、今持ってるハンガーにおさめてみて、それから買えば十分なんだよね。

我が家の娘達がいつの頃からか整理整頓のバイブルにしてる「人生がときめく魔法の片付け」にも、ハンガーを揃えるなんて書いてないからね。

ときめくかどうかっていうのも、曖昧で、気持ちにフィットしない人もいるかな?とは思うけど、なんとなく言いたいことは分かるんだよね。

義父にはわからないと思うのだけれど。

結局、義父の整理整頓は、嫁である私では口出ししにくいので、別居してる実の娘、義妹に手伝ってもらうことになりましたが。

いずれにせよ、引っ越しまでに処分しきれなかった荷物は、一時的に預かってもらう必要があるかもしれないということで、こんな記事を見つけておきました。⇒引越し荷物一時預かり

万が一の際にはこういうところに預かってもらって、引き取るというより、義父にあきらめさせて処分へ持って行く手段の一つにしたいなとも思ってますね。

渋谷にはカフェが多い

カフェで一人ゆっくり過ごすのが大好きなアラサーOLのユイです。

念願の渋谷近くで一人暮らしを初めて1ヶ月。部屋の中はすっかり片づいたし、通勤にも慣れたし、近所の様子もなんとなく分かって、落ち着いてきました。

学生時代から、お休みの日には新しいカフェを訪ね歩くのが趣味でして、おしゃれな人のブログやインスタで紹介されてるとか、美味しいコーヒーやサイドメニューが充実してるカフェ、学校や美術館などの特別な場所にあるカフェなどなど。

ほんといろんなジャンルのカフェを巡ってきました。

渋谷というと訪日外国人の多くが観光名所として訪れる、スクランブル交差点や、東急のヒカリエ、BUNKAMURAなんかが有名だけど、実は奥渋谷と呼ばれる地域とか、東急本店の奥の松濤から代官山へ抜ける地域、あとは、井の頭線の神泉や駒場東大前方向にも、かなりいろんなカフェができてるんですよ。

NHKの先、原宿に向かう明治通りや、旧パルコの付近なんかも、かなり面白いです。

カフェめぐりをゆっくり楽しめるのは、ちょっと背伸びして渋谷に賃貸を借りたから。駅近、とは言えないけれど、3駅利用可能(まあ、どの駅からもかなり歩くけど)というメリットもあるし。 

そんな渋谷に住み始めた私、お気に入りの休日の過ごし方は早起きして洗濯と掃除を済ませてから、平日探しておいたカフェに出かけてゆっくりブランチ。

その後散歩も楽しんで、帰りにはスーパーで食材を調達して、帰ってから作り置きメニューを料理して。

お風呂に入ったら、ワインとチーズも一緒に、のんびり映画鑑賞って感じでしょうか。

彼の仕事が土日休みではないので、デートができないのは残念に思うけれど、一人で自由に過ごす時間も悪くないなって感じです。

それに彼はアクティブな人なので、カフェでのんびりとか楽しくないタイプだから、ちょうどいいんですよね。

カフェっていうと、お茶して軽くご飯って人が多いと思うけれど、夜はバーになるカフェもあるし、女性が一人で飲むのも安心だし。

これからは夜のカフェも楽しもうかなと思い始めています。

せっかく行ったカフェのことを、細かく記録して、自分だけの備忘録にしていきたいと思ってます。