収納用品は増やさないのがコツ

引っ越し予定を控え、徐々に荷物をまとめてるんですが、この期に及んで気付くこと、それは荷物は常日頃整理して減らしておくことが重要。

同居してる義父の荷物量には驚くばかり。きちんと整理されているとはいえその量たるや大変なもの。

振り返ってみると、義父はまとまった休みがあると、結構部屋の片づけをやってたけど、ホームセンターに行って、収納する為の引き出しとか棚とかハンガー、そういうのを買うのが趣味だったな。

そこに衣類や雑貨なんかを入れて満足ってタイプ。

ところが繰り返してるうちに、荷物を入れる収納スペースが部屋の大部分を占めるようになり、整理してるといっても、荷物量が多すぎて、どこに何があるのか不明な状態に・・・。

「お義父さん、引っ越しは荷物量が多いと料金が高くなるから、なるべく要らないものはこの際処分していきましょうよ」と提案すると、一応納得して、自分なりの整理を始めたみたい。

でも、高齢者あるあるの「もったいない」「まだ着れる」「誰かにやる」といった今すぐここで捨てるってことができないもんだから・・・遅々として作業が進まず。

しかも引っ越し先は広めのマンションとはいえ、義父のスペースは一部屋で今の荷物は半分も入らないと思う。

それは本人も重々わかってるみたいだけど。

こう考えると、結局、収納グッズとか収納スペースっていうのは、簡単に買ってはいけないのね。

まずは今あるスペースに入るだけの荷物量にするというのが正しいやり方だと思うのよ。

ハンガーを揃えるのも結構だけど、まずは衣類を減らして、今持ってるハンガーにおさめてみて、それから買えば十分なんだよね。

我が家の娘達がいつの頃からか整理整頓のバイブルにしてる「人生がときめく魔法の片付け」にも、ハンガーを揃えるなんて書いてないからね。

ときめくかどうかっていうのも、曖昧で、気持ちにフィットしない人もいるかな?とは思うけど、なんとなく言いたいことは分かるんだよね。

義父にはわからないと思うのだけれど。

結局、義父の整理整頓は、嫁である私では口出ししにくいので、別居してる実の娘、義妹に手伝ってもらうことになりましたが。

いずれにせよ、引っ越しまでに処分しきれなかった荷物は、一時的に預かってもらう必要があるかもしれないということで、こんな記事を見つけておきました。⇒引越し荷物一時預かり

万が一の際にはこういうところに預かってもらって、引き取るというより、義父にあきらめさせて処分へ持って行く手段の一つにしたいなとも思ってますね。

渋谷にはカフェが多い

カフェで一人ゆっくり過ごすのが大好きなアラサーOLのユイです。

念願の渋谷近くで一人暮らしを初めて1ヶ月。部屋の中はすっかり片づいたし、通勤にも慣れたし、近所の様子もなんとなく分かって、落ち着いてきました。

学生時代から、お休みの日には新しいカフェを訪ね歩くのが趣味でして、おしゃれな人のブログやインスタで紹介されてるとか、美味しいコーヒーやサイドメニューが充実してるカフェ、学校や美術館などの特別な場所にあるカフェなどなど。

ほんといろんなジャンルのカフェを巡ってきました。

渋谷というと訪日外国人の多くが観光名所として訪れる、スクランブル交差点や、東急のヒカリエ、BUNKAMURAなんかが有名だけど、実は奥渋谷と呼ばれる地域とか、東急本店の奥の松濤から代官山へ抜ける地域、あとは、井の頭線の神泉や駒場東大前方向にも、かなりいろんなカフェができてるんですよ。

NHKの先、原宿に向かう明治通りや、旧パルコの付近なんかも、かなり面白いです。

カフェめぐりをゆっくり楽しめるのは、ちょっと背伸びして渋谷に賃貸を借りたから。駅近、とは言えないけれど、3駅利用可能(まあ、どの駅からもかなり歩くけど)というメリットもあるし。 

そんな渋谷に住み始めた私、お気に入りの休日の過ごし方は早起きして洗濯と掃除を済ませてから、平日探しておいたカフェに出かけてゆっくりブランチ。

その後散歩も楽しんで、帰りにはスーパーで食材を調達して、帰ってから作り置きメニューを料理して。

お風呂に入ったら、ワインとチーズも一緒に、のんびり映画鑑賞って感じでしょうか。

彼の仕事が土日休みではないので、デートができないのは残念に思うけれど、一人で自由に過ごす時間も悪くないなって感じです。

それに彼はアクティブな人なので、カフェでのんびりとか楽しくないタイプだから、ちょうどいいんですよね。

カフェっていうと、お茶して軽くご飯って人が多いと思うけれど、夜はバーになるカフェもあるし、女性が一人で飲むのも安心だし。

これからは夜のカフェも楽しもうかなと思い始めています。

せっかく行ったカフェのことを、細かく記録して、自分だけの備忘録にしていきたいと思ってます。