タグアーカイブ: メイク

化粧初心者の私がたどり着いた答えとは

大学生になって、はじめてのチャレンジはメイクだった。

全く化粧に興味のなかった私は、化粧品の知識は皆無だったから、ネットで調べたり、色々な化粧品を試したりした。

大学1年生のときは、化粧初心者ということで、わりかし安い化粧品をつかっていたのだが、友達の化粧品を見せてもらうと、お高めの化粧品を使っている人が多かった。

だから、私もお高めの化粧品を使った時期があったが、高い化粧品を使っても何がいいのか全く分からなかった。

そして、大学3年生になった私はある答えにたどり着いた。それは、「高い化粧品がイイわけではない。」である。

私の今のマスト化粧品は「セザンヌ化粧品」である。

セザンヌ化粧品は低価格であるが、高品質であると私は思う。その証拠に、セザンヌは@cosmeベストコスメアワード2017で三冠を受賞している。

私が愛用しているのは、「皮脂テカリ防止下地ピンクベージュ」と「UVファンデーション EXプラス」。

二つとも1000円以下というお手頃な価格にもかかわらず、とても使いやすく、肌に馴染む。これからもセザンヌ化粧品にはお世話になる予定だ。

「高いからといって、イイ化粧品とは限らない!」私はこれを主張したい。

また、大学生になって化粧を始めたことでもう一つ気づいたことがある。

それは、「肌のお手入れは大切である。」ということだ。高校生の頃の私は、化粧水などに全く興味がなく、母のものを適当につけているだけだった。

それに、日焼け止めも塗らなかった。むしろ、焼けた方がカッコいいと考えていて、焼けたい!!と思っていた。

しかし、化粧を始めて、肌のお手入れは大切だと感じた。肌が汚いと、化粧をしても意味がない。だから、化粧水や乳液、洗顔クリーム!なども化粧品同様たくさん試した。

そしてたどり着いた私のスキンケアを紹介したい。

まず、洗顔は「ニベア クリームケア洗顔料」だ。この洗顔料は、洗い流しがさっぱりしているのに、洗顔後に肌のつっぱりを感じない。私はこれを愛用していている。

プラスアルファ、洗顔をするときの注意点は、強くゴシゴシしないことだ。

泡だけを肌に滑らせるように優しく洗顔する。あと、鼻周りの油がたまりやすいところは念入りに洗顔する。

ただ、最近はニベアでは乾燥し過ぎるようになってきて、多分20歳をこえたのが原因かも。

そこで、ちょっとお高めだけど、クレンジングだけはファンケルを愛用するようになった。⇒ファンケルのマイルドクレンジングオイル体験談

そして、洗顔後の化粧水。私は、「ハトムギ化粧水」を愛用している。話題のハトムギ化粧水。

こちらは、500ml入っていて650円という、なんともお財布に優しい化粧水だ。大容量だからこそ、化粧水の減りを気にせず、顔はもちろん全身にもバシャバシャ使える。

私のこだわりは、顔には二回化粧水を浸透させることだ。そうすることで、二倍の潤いを得ることができる。

そしてさいごに、「ニベアクリーム 青缶」を薄く顔に塗る。つけすぎるとベタベタになってしまうので、薄くつけるのがポイント。

私のスキンケアはこれで終了。ハトムギ化粧水とニベアクリーム青缶だけのシンプルなスキンケアだが、毎日の肌の調子は抜群にイイ。

友達にも、「肌めっちゃ綺麗」とよく言われる。肌をケアしたおかげで、化粧はナチュラルメイクである。

だから、毎朝化粧にかける時間が短くなった。スキンケアは、時短テクニックであるとも思う。

「高いものがいいものじゃない。安くても、自分に適したものがある。」これを忘れずに、自分に適したものを探してみてはいかがでしょうか。